忍者ブログ

2017/09/26 (Tue)
「[PR]」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2011/03/26 (Sat)
「ゴンスケの大冒険 第15話」
Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択
ゴンスケの大冒険 第15話
クリックすると大きくなります

いつもコメントをくださる読者様には、大変感謝なのである。
とても励みになるのである。
「である」調で書くとなんだか偉そうだが、気持ち的は大変へりくだっているのである。
ほんとうにありがたいのである。

というわけで、「ComicStudio 4.0 EX」の試用版ライセンスが切れる前に、大慌てで描いたのである。

前話では、「2LDT」という機能を覚えたので、今回はさらに3Dモデルをそのまま絵にレンダリングしてくれる「3LDT」という機能を使ってみようとしたのである。
だが、どうがんばっても、レンダリングできないのである。
ライセンス有効期限は、刻一刻と迫ってくるのである。
けっきょく諦めて、ヘリコプターは自分でトレースして描いたのである。

ところで、3Dといえば、昔、3Dモデラーをしていた時期があったのである。
それも、「I-deas」や「SolidDesigner」といった、専用PCとソフトで、一台ウン百万円もする3D-CADを駆使し、金型用のモデリングをしていたのである。
忙しいときは、一週間まったく睡眠をとらず、ひたすら3Dデータを作っていたのである。
だからといって、ComicStudioの3LDT機能も簡単に扱えるかといえば、まったくそんなことはなかったのである。

さて最近、横山光輝先生の「マーズ」を読んだのである。
 
主人公のマーズは、ある日突然、真裸で無人島に現れるのである。
しかし、そういうきわどいシチュエーションであっても、横山先生の手による股間部分のさりげない隠しかたは、まったくもって見事なのである。

そんな先生の作品にインスパイアされ、前話からのストーリーは進んでいるのである。
しかし、半人前の私ごときが、そのまま先生と同じシチュエーション、ストーリー展開をさせるのは畏れ多いのである。
そんなわけで、せめてもと、全裸ではなく、半裸にさせてもらったのである。

そして、ComicStudioのライセンスがあと数時間で切れようとしている今、この先のストーリー展開は、まったく見えてないのである。
PR


トラックバック

トラックバックURL:

コメントを投稿する






<< ゴンスケの大冒険 第16話  |  ホーム  |  ゴンスケの大冒険 第14話 >>